カテゴリーに戻る

セル 2.0

ミトコンドリアは”セル”の代名詞との言えるが、セルはスレイヤーの代名詞とも言えるだろう。

そのコンセプトに基づき、セルのシステムをイチから練り直している。 ドーントレスの戦闘システムをカスタマイズしたり、色々研究したりしながら、戦いを新しく興味深い方法でより楽しんでもらいたいと考えている。

現状、セルは十分に活用してもらっているとは言えない。 ゲームをやり込んでくれているプレイヤーにも、セルを楽しんでほしいと考えている。

まだ開発の初期段階ではあるが、ぜひ将来的に公開予定の詳細を見逃さないでほしい。

更新情報(): セル 2.0は現在コンセプトのフェーズにある。 本機能の開発はプレイヤーの進行状況を見ての調整を要する。スレイヤーの装備、パワー、進行速度などにも密接に関係するからだ。

エンバーメーンに立ち向かうスレイヤー
プラットフォームを選択してください